弘前、雑貨屋さん巡り。
今日は、インテリアの趣味が似ているmeimeiさんと弘前に行ってきた。
ランチをしたり、お互いの家を行き来する事はあっても、
ゆっくりショッピングをしたことがあまりない私達。
掘り出し物が見付かることを願って、いざ弘前へ。



まずは定番 HOME WORKS でじっくり品定め。
(予算の)余力を残しておきたいので、気になる物をチェックしてから、
イギリス・フランス等のヨーロッパのカントリー系アンティーク雑貨を扱う Milfy へ。
期待していたカフェオレボウルが、あまり入荷していなかった。残念。

お昼時になったので、シェ・モア でランチにする。
こちらのお店は何度か移転していて、今の場所になってからは初めて。
日替わりランチ(野菜のコンソメスープと白身魚のムニエル&豚肉のピカタ
+デザートの盛り合わせ)をいただく。味もボリュームも申し分ないのだけれど、
もう少しインテリアやサービスに気を配っていただけたらと・・・こちらもちょっと残念。

そして今日のメインは NEW ENGLAND
洋の東西を問わず、アンティークと言うまでは古くない、
ジャンクな生活道具やガーデニンググッズがある素敵なお店だ。
が!お店のあった場所に行ってみると、そこはもぬけの殻。ショック!
移転したのかどうかもわからず、2人でガックリと肩を落とす。

気落ちしたまま、すぐ近くの グレゴリィ を覗いて弘前を後にし、
常盤村の Q's Antiques に寄ると、なんとこちらは定休日。とほほ。

私はお店によくふられる。食べ物屋さんなんかは、
嫌われてるんじゃないかと思うぐらい、そりゃもう頻繁にふられる。
日頃の行いがよほど悪いのだろう。
きっと私のせいなのよ~ごめんね~。

打ちひしがれながら、最後に2人とも初めての場所へ望みを託して行ってみる。
旧浪岡町の道の駅近くにある、スタジオ・リッシュ という
住宅会社の経営する雑貨店。
看板を目印に、リンゴ畑の続く道を山の奥へと進んでいくと、
木をふんだんに使ったかわいらしい建物が何棟か目に入る。
庭木もちょうど紅葉しているし、アプローチもすごく素敵。
まずカフェも並立するインテリア雑貨店は、リッチでゴージャスな品揃えで、
我が家のテイストとはちょっと違うかな、という印象。
そして、道路を挟んで向かいにあったのは、子供部屋、キッチン、照明器具と
テーマの違う3棟のコテージ風の建物。・・・またもや土日のみの営業。ううむ。
でも中が丸見えだったので、食い入るように見てしまった。
こちらは、生活に即した雑貨を、それぞれの部屋の使い方を提案する形で
セレクトしてあって、見応えがあった。雑貨や家具も好みの物が多かったし。
中に入れなかったのはすごく残念だけど、一度行ってみたいと思っていた場所に
来られたと言うことで、とりあえずは満足、かな。ふぅ。

がっかりすることも多く、収穫も何もなかったけど、
雑貨に関してはツーカー(だと思っている)meimeiさんとのショッピングは
なんだかんだいっても、とても楽しかったです。
本当にお疲れさまでした~。
それにしても、青森には雑貨屋さんがなんと少ない事よ・・・と嘆く2人でした。
[PR]
by sucre818 | 2005-10-25 23:41 | お出掛け
<< 幼稚園最後の・・・。 焼きブドウと、楽しい夕べ。 >>